アトランティスの高度な文明は実在しない!?未だに痕跡すら見つからないのはどうゆうこと?

アトランティスは、世界中の専門家が探し続けている未確認大陸。

約2500年以上前から探しているのに痕跡すら見つからないのは存在しない大陸なのか?調べてみました。

アトランティス伝説の要約

海神ポセイドンが神から頂いたアトランティス大陸

引用:wikipedia

ポセイドンは神から頂いた大陸にクレイトという女性と一緒に住んでいた。

二人には皆双子の10人の子宝に恵まれ、長男にはアトラスと名付けた。

その後、大陸名を長男の名前からアトランティスと付けたのです。

海岸には500メートルの円形状のアクロポリスという首都を建設。

中央にはポセイドンとクレイトの黄金像が建てられてたり、オリハルコンと呼ばれる謎の合金を製造でいた軍事ににも優れた高度な文明であった。

家族を守るための要塞の役目だったり他国との貿易の入り口の役目も果たしていたという。

食料も豊富で穀物を育てて野菜や果物がよくとれた。海では漁が盛んだったため食料は十分充実していた。

娯楽もあったようで競馬や温泉などアトランティス人は楽しめたようだ。

神の怒りによってアトランティスの滅亡

引用:wikipedia

ポセイドン亡き後、アトランティス人と人間との交配種が次第に増えはじめた。

そして神への信仰心が次第に薄まっていったという。

次第に征服心が芽生えはじめ奪い合いの争いが増え始めた。他国へも勢力を伸ばし古代ギリシャを含む隣国を征服する目的で戦争を起こしたのです。

オリハルコンなど未知の合金作れるほど軍事に優れていたアトランティス軍でしたが、地の利を得ていた古代ギリシャのアテナイ軍は非常に強く壮絶な戦いの末、アトランティス軍は敗戦してしまいます。

この戦争によってオリンポスの神々は激怒。

アトランティス人に対して、大地震と大洪水による罰を与えたのです。

その結果、アトランティス大陸には100メートルを超える大津波にのみこまれ一夜にして文明は滅亡してしまったという伝説。

アトランティスを最初に伝えたのは誰?

プラトンの著書でアトランティスは世界に広まる

引用:wikipedia

紀元前421年、古代ギリシャの哲学者プラトンの著書『クリティアス』と『ティマイオス』でアトランティスの存在を説明。

それまで何世紀も口頭伝承で言い伝えられていたそうです。

クリティアスとはプラトンの曽祖父のことだった!

著書『クリディアス』というのは、プラトンの曽祖父のクリティアスから聞いた内容をまとめたもの。

紀元前600年頃、アトランティスを最初に伝えた古代エジプトの神官。

そして古代ギリシャのソロンへ伝わったという。

何世紀もソロンの子孫へ話が伝わり紀元前317年頃にプラトンの曽祖父のクレティウスに伝わった。

クレティウスが亡くなってから43年後、紀元前360年頃にプラトンが著書をまとめたという流れなのです。

アトランティスの場所の仮説

引用:wikipedia

中央アメリカにあるアトランティスの痕跡

紀元前7万年から紀元前1万年頃、多くの種が絶滅した氷河期に入りました。

メキシコ国境付近まで氷が迫ってくるほどであったため、赤道近く暖かい地へ移動したことでしょう。

上記の地図でもわかるようにメキシコは細長い地形のため、南北の全ての民族が集まった場合住むには非常に狭い場所。

時には争いながらも他民族同士助け合って生活していたことでしょう。

そして他民族同士の知恵と技術が向上し急速に発展していったと推測される。

テオティワカン遺跡

その証拠に北側で言えばメキシコにはテオティワカン遺跡、チョルラ、チチェン・イッツァ遺跡、トゥルム遺跡、コバ遺跡、ウシュマル遺跡、パレンケ遺跡。

マチュピチュ遺跡

南側はペルーとボリビア、マチュピチュ遺跡、オランテイタンボ遺跡、ピサック遺跡。ボリビアのティワナク遺跡、プマプンク遺跡。

どの遺跡も岩を切り出した石積み技術であることがわかります。

元をたどれば同じ場所で技術伝承されたからだと思いませんか?

引用:wikipedia

年代は不明ですがバミューダトライアングルの海底に直径800メートルものクレーターが発見されています。

衝突した衝撃で大地震の後中央アメリカが分断するほどの巨大津波が発生したことでしょう。

アトランティスを滅亡させた大津波に似ている状況だと思いませんか?

津波の後は塩害によって何年もの間作物が育たない死の大地になったことも予想できますよね。

サントリーニ島にあるアトランティスの痕跡

ヘラクレスの柱の記念碑

引用:wikipedia

プラトンの著書ではヘラクレスの柱の先にある大きな島がアトランティスがあると説明しています。

ポセイドンが神から与えられたのは大陸だけでなく、海も一つ与えられていいることが分かった。

海の名はアトランティック、日本語に訳すと大西洋になります。

現在ヘラクレスの柱という地名は存在しないですが、ジブラルタル海峡の岬に古い地名として存在していることがわかった。

ということはアメリカとヨーロッパの間、大西洋にアトランティスがあったという痕跡かもしれません。

引用:wikipedia

その中でもサントリーニ島が有力候補とされており、紀元前1500年頃に激しい噴火、大地震と共に大津波が発生し破壊された島国と言われています。

考古学者の調べによると古代セラ(サントリーニ)の経済は豊な都市で定住していたミノア人は他の地中海諸国との貿易と取引を行う船乗りでもあったと説明している。

アトランティス滅亡の話とサントリーニ島の話には多くの共通点があると思いませんか?

まとめ

アトランティスのことを簡単に説明しましたが、いかがでしたでしょうか?

プラトンの著書が事実なのか、それとも祖先からきいた物語や言い伝えから作り出した未知の大陸を題材にした作品だったのかは不明です。

これまで多くの人々がプラトンの情報を信じアトランティスの痕跡を探していますが、遅かれ早かれアトランティスが見つかることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です