いっかくじゅう座の神話や伝承を簡単に解説

いっかくじゅう座の物語や伝承を掲載しています。いっかくじゅう座のモデルになった情報も掲載しているので、ぜひご覧ください。

いっかくじゅう座のギリシャ神話とは?

シドニーホール-ウラニアの鏡-いっかくじゅう座とこいぬ座-PD-US

いっかくじゅう座は、近代星座のため神話や物語はありません。1612年にオランダの天文学者ペトルス・プランシウスの天球儀で初めて描かれます。そして1690年にはポーランドの天文学者ヨハネス・ヘヴェリウスが星のカタログで採用されました。

名前 いっかくじゅう座(一角獣座)
星表 88星座
誕生日 7月8日

いっかくじゅう座のルーツについて

一角獣とはどんな生き物なのか?

一角獣は、紀元前5世紀頃に活躍したギリシャの歴史家クテシアスが描いたインド誌で初めて登場しました。非常に凶暴で、ものすごい速度で移動するため捕まえることが不可能。一角獣の角はどんな毒をも中和し血はどんな傷をも癒し寿命を延ばす効果がある。血を飲んだ者は永遠に呪われてしまう。唯一心を許すのは純粋な乙女にだけは優しく接するそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です