きりん座の神話や伝承を簡単に解説

ギリシャ神話における、きりん座の物語や伝承を掲載しています。きりん座のモデルになった情報も掲載しているので、ぜひご覧ください。

きりん座のギリシャ神話とは?

シドニーホール-ウラニアの鏡-きりん座-PD-US

きりん座は、1613年にピータープランジウスが描いた天体地図に初めて登場。1624年に天文学者ヤコブバルチが描いた本によって広まった近代星座のため神話というのはないようです。

名前 きりん座(麒麟座)
星表 トレミー88星座

旧約聖書に登場するラクダの伝承

アブラハムの息子アイザックは37歳になっても妻がいなかった。父は使用人のエリエゼルに息子の妻探しを指示した。ラクダを連れ旅にでた時、レベッカという女性に出会った。彼女は喉が渇いたラクダたちに優しく水を与えている姿に魅了され、アイザックの妻にならないかと説得した。レベッカはエリエゼルを家族へ合わせ合意を得ることができた。その後、彼女をラクダに乗せネケブ砂漠を越えた。数日かけてアイザックのいる街にたどり着いたのです。いつしかレベッカを乗せたラクダをらくだ座と呼ばれるようになり、きりん座のモデルではと言われるようになった。

きりん座のルーツについて

麒麟とはどんな生き物なのか?

麒麟は、平和を象徴する伝説の生物。中国では、古くから麒麟が現れるときは偉大な賢者が到来すると信じられている。生物自体が神であり他の生物を食べることもなく、虫や草など踏みつぶさず移動する。もしも攻撃した場合、口から聖なる炎をはく。鹿と牛が交わり体は竜の鱗で覆われていると言われている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です