アンドロメダ座のギリシャ神話を簡単に解説

ギリシャ神話における、アンドロメダ座の物語や伝承を掲載しています。アンドロメダ座のモデルになった情報も掲載しているので、ぜひご覧ください。

アンドロメダ座のギリシャ神話とは?

シドニーホール-ウラニアの鏡-アンドロメダ座-PD-US

アンドロメダ座のモデルは、海の怪物ケータス襲われたアンドロメダ。生贄として海の岩場に鎖で繋がれているところを英雄ペルセウスに救われます。そして彼との間に9人の子宝に恵まれた。彼女の死後、既に星座となっていた母カシオペアの隣にアンドロメダ座としてに置かれた。

名前 アンドロメダ座
星表 トレミー48星座

女神アテナによって星座に置かれたアンドロメダ

アンドロメダは誰から産まれた?

アンドロメダの出生は、エティオピアの王ケペウスと王妃カシオペアから産まれたと言われている。

アンドロメダが生贄になった理由とは?

母カシオペアと娘アンドロメダはとても美しい女性だった。二人は水の神ネレイスを美貌で侮辱し不快にさせた。ネイレスを大切に思っていた海神ポセイドンは激怒し海の怪物ケータスを送った。そして海は大荒れとなった。海神ポセイドンの怒りを鎮めるため二人は予言者オラクルに相談すると、生贄をする必要があると告げられアンドロメダは鎖で岩場に繋がれたのです。

海の怪物ケータスはどうなった?

生贄に近づく怪物であったが、英雄ペルセウスが偶然アンドロメタの岩場を通りかかった。メデューサの首を持っていたため怪物ケータスを石化させ彼女を助けたのです。

アンドロメダが星座に置かれた理由について

ペルセウスに救出されたアンドロメダは、結婚し9人もの子宝に恵まれた。彼女の死後、女神アテナによって既に亡くなっていた母カシオペアの隣にアンドロメダ座として置かれた。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です